赤ちゃんにも良いオリゴ糖とは?砂糖との違いは何?

オリゴ糖 特徴 画像

便秘解消やダイエットサポートなど、妊婦さんや赤ちゃんにも
良いオリゴ糖について、あなたは詳しく知っていますか?
断片的、もしくは漠然とした大まかなイメージのある方は、
多いと思います。

 

オリゴ糖は何からでき、砂糖・甘味料との違いは何なのかを
理解している方は少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、オリゴ糖について詳しく説明します。

 

 

オリゴ糖について

 

オリゴ糖と言うのは、単糖2〜3種類が結合した糖類の事です。

 

天然の動植物が元々持っている成分で、通常の食事の中にも
含まれていますが、体に影響するほどの量を摂取するのは難しいでしょう。

 

ですから、オリゴ糖食品・サプリメントで必要量を補給する事が
推奨されており、特に使用されているのが天然由来オリゴ糖の商品が
人気です。

 

元は100年以上前、母乳の赤ちゃんが人工栄養(粉ミルクなど)で
育つ赤ちゃんに比べ下痢などを起こしにくいと言う調査結果から、
母乳・乳児の研究が行われました。

 

その過程でオリゴ糖が発見され、腸内の善玉ビフィズス菌が増殖され、
強力に環境正常化をサポートしてくれると判明したのです。

 

オリゴ糖は腸内環境を正常化してくれるのはもちろん、血糖値上昇の
抑制・コレステロール値を減少させる・感染症予防効果など様々な
効果が認められています。

 

 

オリゴ糖・砂糖の違いとは?

 

一般的な砂糖と言うものは、オリゴ糖の仲間と言えます。

 

分類わけするとオリゴ糖は少糖類、そして砂糖は多糖類となり、
この2つは体内での働きが違います。

 

基本的にオリゴ糖は、胃で消化されずにさらに奥の小腸・大腸まで
届きます。

 

一方で砂糖は、胃腸で消化吸収され、血糖値上昇・脂肪増幅・
体重増加を起こします。

 

カロリー・甘さは、一般的な砂糖の方がオリゴ糖よりも強く、
砂糖1gのカロリーが約4kcalで、オリゴ糖系のサプリメントなどに
頻繁に使用されるガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・乳果オリゴ糖・
ラフィノースなどは1gのカロリーが約2kcalとなっています。

 

オリゴ糖には砂糖に近い甘さの種類もあるので、カロリーを
気にしているダイエット中の方などはオリゴ糖を砂糖代わりに
代用する場合も多いようです。

 

 

オリゴ糖にも種類がある

 

オリゴ糖には、実はたくさんの種類が存在しています。
今回は、メジャーなもののみをピックアップして特徴とあわせて
紹介します。

 

フラクトオリゴ糖

にんにく・玉ねぎ・はちみつなどのオリゴ糖で、小腸・大腸まで
しっかり届き、ビフィズス菌など腸内に存在する善玉菌増殖を
サポートします。

 

他にも血糖値抑制、動脈硬化予防などへの効果も期待できます。

 

 

大豆オリゴ糖

大豆に含まれるオリゴ糖で、砂糖に似ている甘さをですが、
消化されにくく低カロリーなのでダイエットサポートなどにおすすめです。
また、ビフィズス菌増殖を少量でも効果的に行ってくれます。

 

 

乳果オリゴ糖

上記の大豆オリゴ糖同様、砂糖と同様の甘みがあるのに低カロリーで、
ダイエットや肥満防止などに効果的です。難消化性なので胃液・酵素に
邪魔されることなく腸までしっかりと届きます

 

さらに、有害な菌に利用されない利点もあります。

 

 

ガラクトオリゴ糖

こちらは、甘みが砂糖と比べたら少なめのオリゴ糖ですが、
ビフィズス菌増殖・脂質代謝促進・タンパク質消化吸収などに効き目を
発揮します。

 

関連ページ

便秘解消はもちろん!オリゴ糖のいろんな効果とは?
オリゴ糖はお腹に優しいだけではなく、体に良い様々な影響をもたらしてくれます。ここでは、オリゴ糖の効果についてご説明します。
赤ちゃんにも良いオリゴ糖!副作用の危険性はある?
赤ちゃんや妊婦さんも摂取できるオリゴ糖ですが、副作用の心配はあるのでしょうか?オリゴ糖を安心して摂るため確認しておきましょう。
妊婦さんや赤ちゃんにオリゴ糖がおすすめな理由
オリゴ糖は妊婦さんや赤ちゃんにもおすすめできる成分です。安心して飲めるオリゴ糖の選び方も紹介しているので、上手に取り入れてみてくださいね。